かえるの音楽理論

ダイアトニックスケールとは?『音の名前』を覚えてみよう!

かえるのダイアトニックコード

『音の名前』って、ご存知だろうか。

ふっ、そんなの知ってるよ、『ドレミファソラシド』でしょ。って思った方、その通り!

では、その他の名前はご存知だろうか。

シフォンちゃん、エクレアちゃん、マカロンちゃん…。

あ、これはアロママッサージ『すいーつ☆ぱらだいす』の嬢の源氏名だった。

『ドレミファソラシド』の他にも音の名前はいくつもあって、呼び方によって役割や表す機能が変わってくる。

例えば、金髪ショートボブが良く似合う小柄で元気な女子大生の鴨頭嘉子ちゃん。

この娘は昼間は大学生だけど、夜はバイト先でミルフィーユちゃんって呼ばれてる。

呼ばれ方によって、役割どころか存在自体が変化しているわけ。でもやっぱり鴨頭嘉子ちゃんでもある。笑顔が可愛い。好き。

音を違う名前で呼ぶという事は、その音を別の存在として捉えるということ。

だから音の別名を知ると、違う役割と機能を持ったものとして扱えるようになる。

ここではコードを自分で作るのに役立つ、そんな音の『別名』をいくつか紹介してみよう。

『C#m7(9)』ちゃん、ご指名です!

好きなコードが作れちゃう

音には色んな響きの感じがあって、音を別名で理解するとその音の役割が分かるようになる。自分の作りたいコードに必要な構成音が分かるようになる、ということ。

明るい感じのコードとか、悲しい感じのコード、オシャレな感じのコードとか。

『友達が自分の好きな娘と付き合って、初体験の話をしてくる』時の感じのコードとかも作れる…かも。

あの時はおじさん辛かったよ…。

とまあこんな感じで、微妙で複雑でちょっぴりアンニュイな響きのコードも狙って作れるようになる。

作曲の幅を広げたり、自分の好きな曲をちょっと違うコードアレンジで弾いてみたり、色々と楽しめる。

もし好きな人に振られちゃったら、コード理論で曲にしてやれ!

すんごいアンニュイなの作ってやる…!

表で理解する音の別名


音を表す名前には、どんなものがあるだろうか。

よく見かけるのはアルファベット。これは大文字と小文字で違う意味がある。大文字はそのまま音名で、小文字は機能を表している。ざっくりだけどこんな感じ。

それから数字。名前が数字なんて、囚人番号みたいだね!

…数字はルート音から数えて何番目の音かを表している。ルート音っていうのは、コードで言えば、一番左に表記されてるアルファベットの大文字の部分。『根音』とも言う。基準になる音の事。

図を表記してみよう。

ダイアトニックスケール早見表

これは現代音楽の基本の12個の音を並べた図である。一番一般的なドレミファソラシドの別名をいくつか表記したので、確認してみて欲しい。

1stの音がルート音である。

ピアノの鍵盤で言えば、ドレミファソラシドは白鍵の部分で、#♭の変音記号のついた音は黒鍵の部分。

ギターの場合は1フレットずつ並べたものになるので、より視覚的に理解しやすいと思う。この視覚的な分かりやすさがギターの強みである。

覚えておきたいドレミファソラシドの別名

ドレミファソラシドの音の並び方は、

全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音、という感じ。

ギターで言うとフレット1つが半音、フレット2つが全音である。

この『全全半全全全半』という並びの音階がドレミファソラシド、という事である。そしてこの音階には別名がある。

『ダイアトニックスケール』

『メジャースケール』

この2つの名前は是非覚えて頂きたい。よく見かけるし、特に『ダイアトニックスケール』は基本のコードを理解する上で重要になる。

かえるのダイアトニックコード
知るだけでレベルアップ!基本のコード、ダイアトニックコード! かえるのおじさん はいどうも、おじさんだよ。今回は音楽の基本になるコードについて! ダイアトニックコードって聞いた事があるだろ...

さて、実際のコードの例を挙げてみよ~。

『C#m7(9)』ちゃん

このおじさんお気に入りのコード、

『C#m7(9)』ちゃん。

5弦のルート音がC#

4弦がm3rd(マイナーサード)

3弦がm7th(マイナーセブンス)

2弦が9th(ナインス)

こういう構成音のコード。上記の表と照らし合わせて確認してみて欲しい。どの音がどんな響きになるのか分かると思う。

そしてコードネームの表記についてだが、いくつかルールがある。

3rdにはメジャーマイナーの2種類があり、メジャー3rdの音が入っている場合は表記せず、マイナー3rdが入っている場合は小文字のmと表記する。

7thにもメジャーマイナーの2種類があり、メジャー7thは大文字のM、または△を付けてM7、△7と表記する。

マイナー7thの音が入っている場合は7、とだけ表記する。

この3rdと7thの表記のルールは覚えておくと良いだろう。

『CM7』の表記の場合、『Cをルート音として、ルート音からメジャー7thの音までを重ねる』という意味になる。

そして『コードは1度置きに音を重ねて作る』というのが基本のルールなので、『CM7』の場合の構成音は、

1stメジャー3rd5thメジャー7thという4声和音になる。

慣れるまでは分かりにくいかも知れないが、覚えてしまえばコードネームの表記を見れば構成音が分かるようになる。上記の表をぜひ活用して欲しい。

かえるの音楽理論
ギターのコードに付いてる数字って?テンションノートを覚えてみよう! はいっ!今回はっ!ギターのコードネームについてる数字!について! 何だろうこの数字~何かな~何だろな~何でもいいや~っ、てオイッ...
かえるの音楽理論
ギターコードのローマ数字の意味は? 知ってると便利な『ディグリーネーム』 ローマは…。 ローマは…! ローマは一日にして成らずだあああああああああああァァァァァァァァァァァァaaaaaaaaaaa...

コードの響きを決める音

12個の音をどの名前で呼ぶか…それによって各音の役割や機能が変わってくる。

まず1st、つまりルート音を決めて、その音を基準として他の音の役割が変わる。

特にコードの響きの色合いに強く影響するのが、3rd7thの音である。

実際にギターで鳴らしてみて、どんな感じになるか試して欲しい。

そして、恋を失った時、名曲を生み出して欲しい…。

この記事の感想は?

① 役に立った

② 役に立たなかった

③ ミルフィーユちゃん指名できますか?

いやもう本当にありがとうございます、①ですね①ですよねそう言っていただけると励みになります…。

あ、ミルフィーユちゃんは今日はもう上がっちゃったんですよねえ。

在籍はしてますよ。おじさんの脳内に、はい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA