かえるの音楽理論

ギターで作曲しよう!コード進行の組み立て方について

かえるのコード進行

音楽好き?

かく言うおじさんは音楽が大好きである。好きな曲がいっぱいある。

ホントに好きな曲は、もう好きで好きで好き過ぎてこの曲を自分のものに…ワシのものにしたいんじゃあああああぁぁぁぁぁぁaaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!!!!!!!

はっ、ちょっと感情的になってしまった。

本当に好きな曲は自分のものにしたいんだよねえ。

歪んだ独占欲?

そこで若き日のおじさんは思いついた。はっ、自分で曲を作れば自分のものや…!

その頃は音楽の知識も経験も全くなかった。だから何か楽器を身に付けたら、作曲に有利なんじゃないかと考えた。

そして選んだのがギター。いちばん手軽に始められる楽器だと思ったから。回りにギターをやってる友達もいたし。

そんで実際にギターを手にした。おしっ。これで曲が作れるっ!

……どうやって?

作曲に必要なもの…。それは!

かえるのおじさん

それはコード進行の知識!

そう、コード進行に関する知識があると作曲するのにすんごい便利。そんじゃ行ってみよう、コード進行について、出発進行!

コード進行とは

さてさて、コード進行ってなんだろう?コードが進んで行く?どゆこと?

かえるのおじさん

そもそも音楽って?

音楽の3大要素

音楽の3大要素

音楽には3つの要素があると言われている。

  • メロデイ
  • リズム
  • コード

これがその3つ。ギターを手にすると、この3つの要素を満たすことが出来る。

と言ってもそんなに難しいことじゃなくて、適当にリズムを取ってコードをジャカジャカジャカジャカ。これで2要素。カラオケの状態。

あとはメロディをつければ3要素。曲が成立する。メロディは歌っても良いし、鼻歌でも立派なメロディである。

かえるのおじさん

弾き語りは音楽そのものってことだねえ。

流れていく音楽とコード進行

音楽はリズムに乗って流れていくもの。そして色んなコードをたどりながら曲が進行して行く。そのコードの移り変わりをコード進行と呼ぶ。

コード進行には様々な組み合わせがあるけど、ある程度のパターンも存在する。そのコード進行のパターンを知ることが、自分の好きな感じの曲を作るためにとっても役に立つ。

そしてコード進行を理解する上で必要になるのが『ダイアトニックコード』の知識。

…だいあとにっく…こーど?なにそれ?

大丈夫大丈夫。いっかい覚えちゃえばそんなに難しくない。これを知るとすんごい便利だから、ちょっとずつ覚えていこう!

ダイアトニックコードを覚えてみよう!

かえるのダイアトニックコード

ダイアトニックコードとはダイアトニックスケールから作られたコードのことである!

鴨頭嘉子ちゃん

………………?

まあまあ。これは例えるなら…。

の次にはが来て、その次にはになる!ということである!

鴨頭嘉子ちゃん

………………??

だいあとにっく…。耳慣れない用語を覚えるのは大変かも知れない。

でもいっかい覚えてしまえば、当たり前のこととして捉えることが出来るようになる。ちょびっとずつ覚えていこう!

鴨頭嘉子ちゃん

うまいこと言ってやった感がウザ

さ、続いて参りましょ!

ダイアトニックスケールとドレミファソラシド

ダイアトニックコードダイアトニックスケールから作られている。じゃあダイアトニックスケールって何だろう?

ダイアトニックスケールとは、ドレミファソラシドのことである!

ああ…言っちゃった。理論的にはもっと色々と説明できるけど、

ダイアトニックスケールドレミファソラシド

こう覚えて問題ない。ダイアトニックスケールの音の並びかたは、以下の通り。

ダイアトニックスケールの音配列

全音っていうのはピアノで言えば白鍵の部分で、半音黒鍵の部分のこと。

ギターだと、1フレットごとに半音ずつ音が変わる。現代音楽で使われる音は12個。ギターも12フレットでオクターブ上の同じ音になる。

ダイアトニックスケール早見表

こちらはダイアトニックスケールの音の並びかたを表したもの。ギターのフレットに照らし合わせて確認するのが効果的。

同じ音に色んな名前が付いてるねえ。ドレミファソラシドに付いてる数字がポイント。8以上の音はオクターブ上の同じ音、ということ。

ややこしく感じるかも知れないけど、ここで良くわかんなくても大丈夫大丈夫。後であっ、そういうことか!っていう瞬間がきっと来るから。

かえるのおじさん

分かる部分だけをとりあえず覚えていく感じで大丈夫。ちょびっとずつ理解していこう!

ダイアトニックスケールとメジャースケール

ダイアトニックスケールドレミファソラシド。ところで、メジャースケールって聞いたことない?ついでに覚えとこう。

ダイアトニックスケールメジャースケール音の並び方はおんな。つまり。

ダイアトニックスケールメジャースケール

ということ。例えばCメジャースケールといったら、ダイアトニックスケールの1stの音をC音にしての間隔で音を並べたスケール、ということである。

上記の早見表に照らすと、Cメジャースケールの場合、D音が2ndE音が3rd、といった具合である。

音を並べてコードを作ろう!

ダイアトニックスケールの音を1つおきに重ねて作ったコードダイアトニックコードである。

重ねる音が3つなら3声和音、4つなら4声和音という。現代音楽では4つまで重ねるのが一般的。

ダイアトニックスケール=ドレミファソラシドだから、ドレミファソラシドの各音を1つおきに重ねてコードを作ってみると、7個のコードが出来上がる。

  1. ドミソシ  Ⅰ△7     トニック
  2. レファラド Ⅱm7     サブドミナント系 
  3. ミソシレ  Ⅲm7     トニック
  4. ファラドミ Ⅳ△7     サブドミナント
  5. ソシレファ Ⅴ7      ドミナント
  6. ラドミソ  Ⅵm7     トニック
  7. シレファラ Ⅶm7(♭5)  ドミナント

ディグリーネームを覚えてみよう!

ダイアトニックコードは以上の7個。ダイアトニックコードはローマ数字で表記されるのが一般的。この表記はディグリーネームと呼ばれる。これを覚えると、各コードの機能が理解しやすくなる。

ローマ数字はそのコードがダイアトニックコードの何番目なのかを示している。これを把握すると色々と役立つ。好きな曲をコピーしたり、曲のキーを変えたいときにも便利。

かえるの音楽理論
ギターコードのローマ数字の意味は? 知ってると便利な『ディグリーネーム』 ローマは…。 ローマは…! ローマは一日にして成らずだあああああああああああァァァァァァァァァァァァaaaaaaaaaaa...

コードには機能がある

ダイアトニックコードの各コードには、それぞれの機能がある。

その機能を示す言葉がトニックドミナントサブドミナントの3つ。

  • トニック(主和音)
  • ドミナント(属和音)
  • サブドミナント(下属和音)

以上のように表記されることもあるけど、とりあえずトニック系、ドミナント系、サブドミナント系の3つを覚えておけばおっけー。

かえるのおじさん

ちょびっとずつ覚えていけば大丈夫。

別の覚え方として、

  • 酢飯
  • でんぶ
  • 錦糸卵

と覚えても構わない。この場合はちらし寿司が出来上がる。

…………………。

鴨頭嘉子ちゃん

気が済んだら次に行こうねー。

かえるのおじさん

はーい。

さ、続いて参りましょ。

ダイアトニックコードの機能について

ダイアトニックコードの各機能をざっくり紹介するとこんな感じ。

ダイアトニックコードの各機能
  • トニック系 曲を安定させる
  • ドミナント系 曲を不安定にさせる
  • サブドミナント系 トニック系とドミナント系のあいだの感じ。曲をちょっと不安定にさせる

例えばキーがの曲の場合、コードはトニックコードである。コードをじゃら~んと鳴らせば、ああ…曲が終わった…って感じになる。この感じを『安定』と捉えるのが現代音楽。

そしてG7ドミナントコード。G7コードをじゃら~ん、と鳴らしても曲が終わった感じにならなくて落ち着かない。この感じを『不安定』と捉える。

コードを鳴らすと『安定』とも『不安定』とも言えない感じ。この感じをトニックとドミナントのあいだの感じ、と捉える。これがサブドミナント

音楽理論と感性

音楽は感性的なもの。感性にはもちろん大きな個人差がある。

だからこのコードは『安定』する、このコードは『不安定』になる、と言われてもピンと来ないかも知れない。おじさんも最初、なんじゃそらって思ったもん。

音楽や曲は色んな展開を見せながら流れていく。ある曲は静かに始まって、徐々に盛り上がっていき、また静かに終わっていく…。

その一連の流れは『安定』と『不安定』、そしてそのどちらとも言えないような微妙な響きを、いくつも繰り返しながらエンディングに向かっていく。

この音楽的な起伏を、様々なコードを使って表現する。そのときのコードの機能を示すのがトニック系、ドミナント系、サブドミナント系の3つの用語。

『安定』と『不安定』を繰り返す…それは私たちが生きている人生そのもの。音楽とは人間が人間として生きていることを表現するものであり…

鴨頭嘉子ちゃん

うまいこと言ってやった感がウザ

さ、続いて参りましょ。

ところで、色んなコードネームが出てくるねえ。記号が付いてたり、数字が付いてたり。以下の記事でコードネームのルールについて触れているので、参照してみて欲しい。

かえるの音楽理論
コードネームのルールについて ギターのコードを作ろう! 『ルールは破る為にある!』 いや、ちょっと、まあまあ…。 『ルールは破る為にある!』 いや、そう言う気持ちは分かるけ...
かえるのダイアトニックコード
ギターで理解!ドレミファソラシドの色んな名前 ド~はドキドキするね…のド~ レ~はレンタル彼女なのに…のレ~ ミ~は見られてると思うと…のミ~ ファ~はファッ!?...

コード進行のパターン

コード進行には様々なものがあるが、絶対的なルールというものは特にない。自分で聴いて良い、と思えたらそれで正解である。

とは言え、良く用いられるコード進行のパターンというものがある。このパターンを知っていると作曲のネタが増えて便利。

終止形(ケーデンス)について

終止形(ケーデンス)とは、最小限のコード進行のパターンのこと。

基本的に曲はトニックコードでの安定に向けて進んで行く、との考え方から、いかにトニックコードに解決するか…ということがポイントになる。

トニックコードで安定して、曲が終わった感じになる…だから『終止形』と呼ぶ。またはケーデンスという。

ケーデンスの基本3パターン

トニック系、ドミナント系、サブドミナント系の色々なコードを組み合わせてコード進行は作られるが、ケーデンスには基本的な3つのパターンがある。

  1. トニックドミナントトニック
  2. トニックサブドミナントトニック
  3. トニックサブドミナントドミナントトニック

Cキーのダイアトニックコードを用いて実例を挙げてみよう。各コードがどの系統に属するのかは、先の表で確認してみて欲しい。

  1. C△7G7C△7
  2. C△7F△7C△7
  3. C△7F△7G7C△7

こんな感じのコード進行になる。ところで、同じ系統に属するコードは同じ機能を持っている。

ということは、同じ系統の他のコードに置き換えることができる、ということ。これを知っていると、コード進行のバリエーションが増える。例えば。

  1. Am7G7C△7
  2. Am7Dm7C△7
  3. Em7F△7G7Am7

こんな感じに置き換えられる。もちろんこれは一例で、まだまだ色んな組み合わせが考えられる。試してみよう。

Ⅶm7(♭5)について

ところでドミナント系に属するⅦm7(♭5)のコードが出てきてないじゃん。これには理由がある。

ちょっとアクが強いの、Ⅶm7(♭5)コードって。だから使いどころを考える必要がある。例えば。

Ⅶm7(♭5)Ⅲ7Ⅵm7

この進行をCキーで弾くと、

Bm7(♭5)E7Am7

となる。どうだろう?なんだかジャズっぽくなるのがお分かり頂けるだろうか。厳密に言えば、このコード進行はCキーのダイアトニックコードではないんだけど(E7の部分)まあまあ。

おじさんはⅦm7(♭5)というコードはジャズの素、だと思ってる。

良く用いられるコード進行

さてさて、ここで良く用いられるコード進行をいくつか紹介してみよう。

それぞれディグリーネームCキーのダイアトニックコードを合わせて表記していこう。

カノン進行

  • Ⅰ△7Ⅴ7Ⅵm7Ⅲm7
  • Ⅳ△7Ⅰ△7Ⅳ△7Ⅴ7
  • C△7G7Am7Em7
  • F△7C△7F△7G7

これはクラシックの曲『パッヘルベルのカノン』で使われているコード進行。通称『カノン進行』である。

実際に鳴らしてみると、ああ!聴いたことある!って感じになると思う。クラシックに限らず、ポップスでも良く用いられるコード進行である。

1625進行

  • Ⅰ△7Ⅵm7Ⅱm7Ⅴ7
  • C△7Am7Dm7G7

これはダイアトニックコードのローマ数字をそのまま読んだコード進行、通称『いちろくにいご』進行である。

トニックトニックサブドミナントドミナント

というコード進行で、先述の同じ系統のコードの置き換えを行うとバリエーションが拡がる。

3625進行

  • Ⅲm7Ⅵm7Ⅱm7Ⅴ7
  • Em7Am7Dm7G7

1625進行をちょっと変えたコード進行。16253625というコード進行もいい感じ。

コードを数字で把握する

ダイアトニックコードの数字でコードを把握するのはオススメ。そのコードがダイアトニックコードのどれに当たるのか、が分かっていると曲の展開に違う色合いを与えることができる。

たとえば1コーラス、2コーラスはマイナーコード中心の進行、最後の大サビは同じ系統のメジャーコードに置き換えて大団円…!ってな演出もできちゃう。

トゥーファイブ進行

  • Ⅱm7Ⅴ7Ⅰ△7
  • Dm7G7C△7

これもディグリーネームのローマ数字をそのまま読んだコード進行。『トゥーファイブワン』とも呼ばれる。『トゥーファイブ』と略して呼ばれることも多い。

このトゥーファイブ進行はジャズで良く用いられるコード進行で、おじさんの大好きな進行である。

ドミナントモーション

  • Ⅴ7Ⅰ△7
  • G7C△7

ドミナントコードのⅤ7は、Ⅰ△7に進んで行く性質がある。それもかなり強く進んで行こうとする。

だから『強進行』とも言われるのだ!

………………。

かえるのおじさん

おじさんが考えたんじゃないよ、本当に強進行っていうんだよ。

…以上がドミナントモーション強進行である。

自分ツボのコード進行を見つけよう!

おじさん好きな曲がいっぱいある。好きな曲のどの部分が好きなのか、ということを知ると自分のコード進行のツボが分かる。

それが分かれば、自分の好みの曲が作れるようになる。手持ちのコードをやみくもに組み合わせても、なかなか思うような感じの曲にならない…おじさんけっこう悩んだもん。

かえるのおじさん

そんなときはこう!

好きな曲のコード進行を確認してみよう!

自分の好きな曲をちょっと確認してみよう。確認する項目はいくつかある。

  • その曲のキー
  • その曲のコード進行
  • そのコード進行のコードのディグリーネーム

まずはその曲のキーを確認してみよう。じゃら~んと鳴らしたら曲が終わった…って感じるコード、そのコードについてるアルファベットがその曲のキーになる。良く分かんない…ってときはその曲の楽譜を見てみるのも良い。

キーが分かればそのキーのダイアトニックコードも分かる。ダイアトニックコードは、ローマ数字のディグリーネームで把握してみよう。

かえるのおじさん

ここまではおっけー?まあまあ、ちょっとずつゆっくりやってけば大丈夫大丈夫。

じゃちょっと例を挙げてみよう。

G△7F#m7Bm7D△7

このコード進行の場合。この進行はDキーと解釈できる。

…そう、コード解釈っていうややこしい要素があるんだけど、ここではこのコード進行はDキーとしてみる。

『移動ド』という考え方

DキーのダイアトニックコードはDメジャースケールから作られる。ダイアトニックスケール=メジャースケールだから。

そしてダイアトニックスケール=ドレミファソラシドでもある。D音の音としてダイアトニックスケールに当てはめてみよう。

  • ド  D
  • レ  E
  • ミ  F#
  • ファ G
  • ソ  A
  • ラ  B
  • シ  C#

こういうふうにの音に色んな音を設定して、そこからまたドレミファソラシドの音間隔(全全全全全)で音を重ねていく考え方を『移動ド』と呼ぶ。

曲のキーを変えたり、キーごとのダイアトニックコードを把握したりするのに便利な考え方。

ギターはフレットを平行移動するとキーやコードを変えられるから、ギター向けの考え方とも言える。

かえるのおじさん

移動ド』っていう呼び方は覚えて損はない!あとできっと役に立つよ~。

さてさて、それぞれの音を1st、つまりルート音にして1つおきに重ねてDキーのダイアトニックコードを作ってみよう。

Dキーのダイアトニックコード
  1.   Ⅰ△7     DF#C# D△7 
  2. ファ Ⅱm7     E  Em7  
  3.   Ⅲm7     F#C# F#m7
  4. ファ Ⅳ△7     GF#  G△7
  5. ファ Ⅴ7      AC#  A7
  6.   Ⅵm7     BF#  Bm7 
  7. ファⅦm7(♭5   C#C#m7(♭5)

以上の7個が出来上がる。そんでさっきのコード進行をダイアトニックコードのディグリーネームで理解してみよう。

G△7F#m7Bm7D△7

Ⅳ△7Ⅲm7Ⅵm7Ⅰ△7

サブドミナントトニックトニックトニックという感じのコードの流れになる。

おじさんはこのサブドミナントコードから始まるコード進行が大好き…。まさにおじさんのツボのコード進行。

音楽理論をかじる前はこの仕組みを知らなかったから、良い曲できた!でも歌うとちょっとキーが高いなあ…うーん、キーを下げたらコード進行が分からなくなるし…ってなことが良くあった。

ダイアトニックコードを整理して理解できると、こんな事態にも対応できるようになる。せっかくの名曲をあきらめることなく形にできる。

おじさんの例を挙げてみたけど、ぜひぜひ自分の好きな曲のコード進行を確認してみよう!そして好きな部分のコードの流れを理解できれば自分の音楽のツボが分かるようになる。

そうすると自分好みの曲、ああ~イイっすね~これイイっすね~、な感じの曲を作れるようになっちゃう。ちゃれんじちゃれんじ!

おじさんのお気に入り進行

じゃちょっと、おじさんお気に入りのコード進行を紹介してみよう!

A△7(9)G#7(♭13)→  C#m7(9)

このコード進行をキーと解釈して機能別に表記すると、以下のようになる。

  • サブドミナントドミナントトニック
  • Ⅳ△7(9)Ⅲ7(♭13)→ Ⅵm7(9)

これはトゥーファイブ進行と同じコード進行の流れで、使うコードをちょっと変化させている。このパターン好きだねえ…。

コードネームの記号や数字

ところで、なんかコードネームに記号やら数字やら付いてるねえ。これはテンションノートって言って、コードの響きを良い感じに装飾するもの。ちょっと高度なコード。興味のある方は以下の記事もどうぞ~。

かえるの音楽理論
ギターのコードに付いてる数字って?テンションノートを覚えてみよう! はいっ!今回はっ!ギターのコードネームについてる数字!について! 何だろうこの数字~何かな~何だろな~何でもいいや~っ、てオイッ...
かえるのおじさん

高度なコード高度なコード高度なコード…

鴨頭嘉子ちゃん

……なにそれ?

かえるのおじさん

これをあと2万回くらい繰り返すとすんごい面白くなる…

鴨頭嘉子ちゃん

爆竹飲みたい?

さっ、続いて参りましょ…!

自由な発想でコード進行を作ろう!

さてさて、コード進行について色々と述べてきたけども。

ここで紹介したコード進行はもちろんごく一部のもの。コード進行のパターンと組み合わせは無数にある。覚えきれないほど。

そしてコード進行のパターンに厳密なルールはない。

ぜひぜひ自由な発想で自分のコード進行を作り出して、名曲を生み出して欲しい。

かえるのおじさん

名曲製造マシーンになっちゃえ!

この記事の感想は?

① 役に立った

② 役に立たなかった

③ 爆竹飲みたい?

な…なななな…!①ですと…!ああ…もったいないもったいない…じょろじょろじょろ…あったかい…。

いやいや、飲ますな飲ますな爆竹を。そんなん飲んだら無数の小さなかえるに分裂しちゃうじゃない。

おじさんそーゆータイプのかえるだから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA